アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「和歌山」のブログ記事

みんなの「和歌山」ブログ


熊野灘の朝焼け

2018/05/21 10:54
 今回の南紀の山歩きのもう一つの撮影スポットが熊野灘です。今回は、那智勝浦に宿をとりましたが、残念ながらこの地域では海沿いでの夕焼けは見ることが出来ません。太陽は山の方に沈んでいきます。従って、日の出での撮影になります。少し早めの4時過ぎに起床し、部屋の窓から海辺を除いてみましたが、少し明るくなった程度でまだ早いようです。少し待って、やっと日の出が出てきました。部屋からだと右手の木々が邪魔になって結局海岸まで出て、朝焼けを撮影しました。特徴ある海岸でもないのでちょっと写真にはなりにくいですかね。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


那智の滝

2018/05/19 13:02
 南紀の烏帽子山まで山登りに来ましたが、ここで撮影スポットと言えば、那智の滝と熊野灘夕景ですかね。という事で、子ノ泊山登山後、那智まで来ましたが、少し時間があったので、那智の滝までやってきました。滝だけではなかなか写真にはならず、紅葉か桜が欲しい所。或いは、滝のライトアップでもあればいいかもしれないですね。適当なものが無いので、とりあえず、定番になりますが青岸渡寺を入れて撮ってみました。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


勝浦温泉〜丹敷の湯〜

2018/05/15 11:07
画像


 烏帽子山登山後は、那智駅交流センターにある「丹敷の湯」で、一汗流しました。料金は600円です。アルカリ性単純泉で、ぬめり感はありません。開場直後の13時過ぎに行ったので、入浴客は、誰もおらず一番風呂でした。一人で湯舟に浸かっていると気持ちが癒され、窓からは、熊野灘が眺められるので、気持ちよく温泉を楽しむことが出来ました。

画像




名湯旅行 南紀勝浦(25g)【名湯旅行】
ケンコーコム
お店TOP>日用品>入浴剤・温浴器>入浴剤>入浴剤全部>名湯旅行 南紀勝浦 (25g)★税抜3500

楽天市場 by 名湯旅行 南紀勝浦(25g)【名湯旅行】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サンライズ勝浦

2018/05/14 11:15
画像


今回の南紀の山歩きの拠点は、勝浦に宿をとりました。那智の滝と温泉があるので観光ホテルが多いのですが、海沿いにある「サンライズ勝浦」にしました。いつもは、楽天経由で予約をするのですが、今回は、4トラベル経由でポイントが6000ポイント(600円分)付き、さらにじゃらん経由の予約で1000円分のポイントがついていて、一泊二食8000円が7000円になりました。この宿に決めたのは、オーシャンビューで写真撮影が出来る朝日が望めるのと観光ホテルに比べ少し安くなっているのが決め手です。部屋は和室で、大浴場もありましたので、まずまず良かったです。

画像


夕食は、まぐろ三昧のメニューもありましたが、普通のメニューにしました。マグロ刺身付きでエビフライもサクサクで美味しかったです。

画像


朝食もフリードリンクで、その場で焼く干物などもついてこれも美味しかったです。総合的にいい宿でした。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


関西百名山〜烏帽子山(97座目)〜

2018/05/12 11:37
 今日は、昨日に続き、南紀の山97座目烏帽子山に登ります。標高は910m。この山の登山記録を見てみると少し前の台風災害で崩落などがあり、かなり登山道が被害を受け、現在入山禁止になっているようです。それでも記録があるという事は、登れない事は無いようです。しかし、普通で3時間ぐらいかかりそうなので、道に迷うと結構時間がかかってしまいます。そんな記録の中で、下山に熊野古道を使ったという記録があり、少し距離はありますが、時間的には変わりなく、また確実に行けそうなので今回は、このルートで行く事にしました。宿を7時15分頃に目的地の那智高原に向かって出発。駐車予定地の高原に着くと、林道の入り口に記録では見かけた通行止めの表示が今日はありません。

画像


熊野古道を歩くと林道まで1時間。少し迷いましたが、昨日は逆に通行止めで歩いたので、今日は、もう少し先まで車で行く事にしました。8時ごろに林道分岐点のところに到着。この先も車で行けそうですが、未舗装になるのと少しぐらいは歩かないと、という事で、ここに駐車しここから林道を歩くことにしました。距離的には1時間ほどで登山道に着く予定です。

画像


 8時10分頃に駐車地を出発。林道を歩いていると、途中何ヵ所か空き地もあり車は駐車できそうです。

画像


ただ、林道も崩落しているところがあり、車も通行は出来ません。歩くこと1時間、林道終点に来て、登山道とぶつかりました。なかなか登山道が出てこないので不安でしたが、ほっとひと安心です。表示は、ここから山頂まで40分となっています。

画像


ここからやっと登山が始まります。ほどよい傾斜ですが、急坂なところもあります。

画像


昨日の子ノ泊山と同様、落ち葉が結構積もっているので、滑りやすいですね。那智は、針葉樹のイメージがありましたが、落葉樹も多いみたいです。そして20分ほどして烏帽子岩に到着。

画像


ここは、下山時に休憩するとして、とりあえず山頂を目指します。そして9時35分頃に山頂に到着です。登山道合流地点から25分、駐車地から1時間25分できました。眺望は一方向しかなく、写真だけ撮って、下山開始。

画像


画像


 烏帽子岩に下りてきて、ここでしばし休憩。ここは見晴らしがいいですね。しかし、ここで地震が起きると、岩が崩れそうなので、岩から降りて休んでいました。

画像


10分ほど休憩して下山開始。下りでも落ち葉で滑りやすいですね。少しして林道合流点に到着。林道を駐車地に向かって歩きますが、安心したせいもあって、林道を途中間違えました。5分ほど歩いて気が付きもとに戻りました。そして11時15分頃に駐車地に到着。下山時間は1時間半ほどでした。歩行距離は約10km。烏帽子山は、登山道が荒れているので少し不安でしたが、本来のルートをとらず、林道経由で登ったのは正解でした。山登りにはこうゆう判断も必要かなと思います。

画像




belmont チェーンアイゼン (レッドS(22cm?24.5cm))
belmont(ベルモント)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by belmont チェーンアイゼン (レッドS(22cm?24.5cm)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


関西百名山〜子ノ泊山(96座目)〜

2018/05/10 21:11
天気が良さそうなので、遅ればせながら今年最初の山歩き開始です。残るは5座ですが、96座目に選んだのは、南紀の子ノ泊山、標高は907m。奈良からは結構遠いので、6時過ぎに自宅を出発。途中丸山千枚田で写真撮影。桐原浅利線に入った直前、崩落で通行止めの掲示。が〜ん、とりあえず行けるところまで行こうと思い、そのまま進みましたが、すぐに通行止めのガード。6km先と書いてあったので登山口近くまで行けると思いましたが、仕方なく、車を置いて10時20分頃に登山口まで歩行。約5.5kmあります。

画像


途中、役所の人が車で通ったので聞いてみると2日前に崩落したとの事。登山口までは行けるとの事。1時間弱で登山口に到着。何と、登山口を過ぎた直前のところで崩落し、完全に道路はふさがっていましたが、登山口前の駐車場には、問題なく車で行けました。がっくりですね。まあ行政の人は登山者の事まで考えないですよね。

画像


まあ考えていてもしようがないので11時20分頃に登山開始。しかし、最初からがれきの急登です。今年最初の山登りとあって、ちょっとしんどいです。

画像


10分少しで分岐点に到着。左に曲がって尾根上を登っていきます。

画像


この後も、そこそこの登りです。途中ロープのある急登も出てきます。

画像


そして12時25分頃に山頂到着です。登りは1時間5分かかりました。しかし、天気も良く、眺望は最高ですね。

画像


画像


15分ほど休憩し、下山開始。登山時もそうでしたが、落ち葉が結構積もっているので滑りやすいです。そして13時20分頃登山口に下山。下山時間は約40分でした。登りは1時間ほどでしたが、登り応えのある山でした。この後、50分ほど歩いて駐車地に無事もどりました。予定外の歩行もあり、距離は約14km少し歩きました。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


椿温泉〜はなの湯〜

2017/08/31 11:06
画像


 嶽ノ森山登山後、日置川温泉に向かいましたが、目当ての温泉が15時開店なのでそこまで待てず、車で10分ぐらいの所にある「椿温泉」に行きました。何ヵ所かありますが、道の駅になっている「椿はなの湯」に決定。入浴料金は500円です。浴槽が銭湯みたいな感じなのでどうかなと思いましたが、何とぬるぬるの温泉です。泉質は、無色無臭の硫黄単純泉です。透明なお湯だとさらっとした感じがしますが、えびね温泉と同じぐらいのぬるぬる感触です。湯舟に一人浸かって、しっかりと温泉を楽しみました。

画像

(画像はHPより引用)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


関西百名山〜嶽ノ森山(93座目)〜

2017/08/30 11:19
画像


 半作嶺登山後の翌日は、関百最南端の嶽ノ森山に登ります。標高360m、標高差約350mの低山で、このぐらいの山だともう一つ登りたいところですが、夏山は1日一山にすることにしました。串本から約30分、9時前に一枚岩に到着。道の駅「一枚岩鹿鳴館」の駐車場に停めさせて戴きます。既に何台かとまっていましたが、一枚岩の河川で水遊びをしていた人が何組かいました。気温はすでに30℃を超えており、かなり暑くなりそうです。

画像


準備をして9時過ぎに出発。登山口は、5分ほど歩いたトンネル手前の細道を右に行ったところにあります。

画像


登り始めは、ゆるやかな道ですが暑い日にはちょうどいいぐらいです。

画像


そして20分ぐらいすると、大きな岩盤が出てきます。左の渓谷部分を行けばいいのですが、情報過多なのか、ついここを登ってしまいました。途中で間違いに気が付き、いったん下りて左側の渓谷沿いを行きました。10分ほどの時間でしたがちょっと疲れました。

画像


 また、気温が高い事もあるのか、この日は疲れやすく、しばしの休憩が多くなります。そして1時間ほどして山頂手前の急坂部分を通過し、雄岳山頂に到着です。登山時間は、約1時間。予定より時間がかかりました。

画像


画像


 この日も天気が良好で、眺望は非常にいいです。

画像


 ゆっくりしたいところですが、山頂は日光を遮るものがなくかなり暑いので、次の雌岳に向かいます。しかし、何となくしんどいので途中の日陰で小休止。そして20分ほどかかって、雌岳山頂に到着。雄岳がしっかりと見えます。

画像


画像


雌岳で少し休み、下山開始。鞍部の所までもどり、かなりの急坂部を下りていきます。ロープがはりめぐらされているので下りやすいです。

画像


下山ルートは思ったより長く感じます。そして、10時55分頃別の登山口に到着し11時前に駐車地に戻りました。

画像


下山時間は、約30分、約2時間の山歩きでした。歩行距離は約3.8km。嶽ノ森山は、低山ながら楽しい山歩きが出来ました。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


橋杭岩

2017/08/29 10:12
 串本のもう一つの名所が、橋杭岩。夕方行ってみると、夕日は西に落ちているので夕日の橋杭岩ではなく、よく見る光景は朝日なんですね。という事で、写真だけ撮ってホテル向かいました。さて、5時半頃の日出に向けて、写真を撮りに行くかですが、ホテルの部屋に行ってみると、何と、11階の部屋から、橋杭岩が綺麗に見えるじゃないですか。よく見る橋杭岩の朝焼けは、地上から撮っている写真が多いので、上から見た橋杭岩の写真を撮ることにしました。朝5時起床。地平線上には雲はありますが、おそらく朝日で焼けてくるでしょう。窓は危険防止の為20cmほどぐらいしか開かないですが、ここからカメラを出して撮影。30分ほど撮影して、再度就寝。しかし、今回のホテルは本当に良かったですね。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


串本温泉〜黒潮の湯〜

2017/08/28 11:02
 この日は、半作嶺に登った後、かなりの汗をかいたので昼間に「えびね温泉」に入りましたが、ここ串本でも温泉があるのでホテルにある「黒潮の湯」に入浴しました。日帰りなら1200円ですので、今回の串本ロイヤル宿泊は、なかなかのコスパのある宿でした。泉質は、カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉で、ヌメリ感は残念ながらありません。しかし、浴場は広く気持ちよく入れました。露天風呂にも入りましたが、夜の為、海の風景は眺められませんでした。

画像

(HPより引用)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
串本ロイヤルホテル
串本ロイヤルホテル  今回の和歌山南部の山歩きの拠点は、串本ロイヤルホテルです。15年前にも南紀に来た時に泊まりましたがまた来るとは思いませんでした。串本の宿を調べるとビジネスホテルが素泊まりで6000円ぐらい、ここが朝食付きで8200円。しかも11階のオーシャンビューで橋杭岩の朝日が眺められるので即決めました。もちろん、温泉もついています。部屋は広めでセミダブルのツインになっています。フリーwifiもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 11:15
潮岬
潮岬  半作嶺に登ったあと、翌日は嶽ノ森山登山予定なので、串本で宿泊。せっかくなので写真を撮りに15年ぶりに潮岬へ。なかなかいい景色ですが、夕焼けの灯台を撮りたいところ。再度、夕方に灯台の見える撮影場所に行ってみました。日没場所はさらに西方向ですが、空は東の方まで染まってきましたので、ここで岬と灯台を撮影しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/26 11:12
えびね温泉
えびね温泉  半作嶺を登ったあとは、もう汗だくで、早く汗を流したい気分ですが、近くの乙女の湯は、前回、経験しましたので、この後は南下する必要がありますので、途中にある「えびね温泉」に行く事にしました。登山口からトンネルを通過して南に下りていきますが、この道路は単線の舗装道路で、特に狭さを感じることも無く問題の無い道路でした。1時間ほどかかってえびね温泉に到着。入浴料は600円。泉質は、アルカリ性単純硫黄泉で、ヌルヌル感満載の温泉でかけ流しです。入浴客は、私だけの貸し切り状態で、外の景色もガラス越しに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/25 10:34
関西百名山〜半作嶺(92座目)〜
関西百名山〜半作嶺(92座目)〜  和歌山南部が晴れそうなので山歩きに行ってきました。最近は2日で三山を登っていましたが、夏山は疲れるので今回は二山にしました。まずは半作嶺です。標高894m、標高差は200mです。実はこの山、前回法師山に登った後に、二日目に登る予定を、時間があったので標高差が少ないという事もあって、3時20分頃から登り始め、40分後には山頂近くまで来ていたのですが、ルートを間違えたらしく、正規の登山道を探しているうちに、4時を過ぎてしまったので、これはまずいと思い、登るのをあきらめ登山口に引き返しました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 22:25
湯の峰温泉
湯の峰温泉  大塔山登山後の温泉は、川湯温泉と決め241号線を東へと進みましたが、何と途中から未舗装のダート道。何とか川湯温泉に到着し、日帰り温泉を確認したところ、公衆浴場一軒のみで駐車場が無いとの事。近くの湯の峰温泉を薦められたので、そちらに直行。10分ほどで湯の峰温泉駐車場に到着。案内板を見ると、開湯が1800年で、日本最古の温泉らしい。これはいいですね、という事で、即公衆浴場へ。  窓口に行くと、一般湯、くすり湯とあって、ここは源泉が90℃もあるので適温にする為、加水しているのが一般湯らしい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 17:58
修験の滝
修験の滝 大塔山を登ったあとは、来た道を戻って帰る予定でしたが、近くに「修験の滝」があるのでちょっと寄ってみることにしました。法師山登山口を過ぎると舗装道路で、数分で到着。道路脇から見える滝としては、まずまずの滝なので、写真を撮ることにしました。雰囲気はいいですが、紅葉がはいると写真になりそうですね。  この後、来た道を戻ればよかったのですが、安川林道のダート道を走ったあとでは、この舗装道路は問題の無い道に見え、川湯温泉まで行けそうかな、と考えそのまま川湯方向へ。ところが途中から未舗装になり、これが結構... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/08 10:46
関西百名山〜大塔山(91座目)〜
関西百名山〜大塔山(91座目)〜  今回の山行2日目は、「大塔山」に登ります。標高は1122m、標高差は約600m。昨日と同じく安川林道から登山口に向かいます。法師山登山口には8時ごろ到着。ここから、未舗装の林道で下調べでは、結構荒れていて心配の一つでしたが、20分ほどかけて、大塔山登山口に到着しました。2、3ヵ所ほど地岩が割れた小岩が分散したところがあり、タイヤがバーストしないか心配でしたが、何とか無事でした。鉄板の橋を渡った登山口には、多少の駐車スペースがあり数台は停められるかと思います。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/06 12:36
民宿 花しょうぶ
民宿 花しょうぶ  今回の法師山、大塔山の山歩きで拠点にしたのが、富里温泉乙女の湯ちかくにある民宿「花しょうぶ」。この辺の山を複数登って奈良まで帰宅するには、やはり宿泊が必要です。近くにもう一軒、あるようです。宿の人に聞くと、登山客よりは鮎の釣り客が多いとの事。一泊二食付きで7500円。お風呂は、温泉に入ったので入らず。  夕食は、天然鮎の塩焼きで、これはさすがに美味しかったですね。全体的に美味しい夕食でした。朝食は、焼き鮭付きの朝食で、これは普通でした。民宿の人も気さくな人で、なかなか居心地の良い民宿でした。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 10:58
富里温泉〜乙女の湯〜
富里温泉〜乙女の湯〜  法師山を登った後は、疲れと汗でクタクタです。すぐ近くに「富里温泉〜乙女の湯〜」があるので直行。5時過ぎに行きましたが、幸いお客は一人のようです。料金は、500円。  泉質は、アルカリ性単純温泉で、ヌメリ感はありません。しかし、今日は、一人で入浴ですので気持ちがいいですね。法師山は、結構つかれましたので、例によって、ストレッチで疲れを癒しながら入浴しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 10:32
関西百名山〜法師山(90座目)〜
関西百名山〜法師山(90座目)〜   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/02 21:37
きのくに中津荘
きのくに中津荘  今回の登山は、冷水山と矢筈岳に登りましたが、宿泊は矢筈岳そばの「きのくに中津荘」を利用しました。日高川町の公共の施設のようですが、山の中の宿泊施設となると旅館形式が多く、料金が高くなってしまいますが、このような施設はありがたいですね。一泊朝食付きで4950円でした。しかも温泉付きです。  客室は、洋室を選びましたが、3ベッドの部屋でした。風呂は、温泉なので室内にはないですが、特に不自由は感じませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/22 11:32
中津温泉 あやめの湯<鳴滝>
中津温泉 あやめの湯<鳴滝>  昨日の冷水山に続き、今日は朝から矢筈岳に登り、下山後、地元の温泉、あやめの湯で、一汗流しました。時間は11時半過ぎでちょうど開館したところでした。ここは、中津温泉になります。入湯料は600円で手頃な料金です。泉質は、美山温泉と同じ、ナトリウム・炭酸水素塩泉で、肌のすべすべ感が感じられます。  入湯客も一人だけで、ゆっくりとストレッチしながら、しっかりと温泉を堪能する事が出来ました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/21 10:52
美山療養温泉館
美山療養温泉館  冷水山登山のあとの温泉は、矢筈岳に行く途中にある「美山療養温泉館」にしました。料金は600円です。泉質は、ナトリウム・炭酸水素塩泉で、皮膚を触るとすべすべ感があります。行った時には、入湯客はおらず、貸切温泉で、ゆっくりと入湯する事が出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/19 23:35
龍神温泉 元湯
龍神温泉 元湯  伯母子岳の登山後、帰り道とは逆方向になりますが、車で30分ほどの距離なので、三美人の湯として知られている「龍神温泉 元湯」まで行ってきました。龍神スカイラインは走りやすい道ですので、それほどの山奥とは感じませんが、紀伊半島の中ほどに位置しますので、山の中の温泉になります。年中無休で営業しており、料金は700円です。  泉質は、ナトリウム炭酸水素塩泉で、ぬめり感があり温泉って感じですね。もちろん、源泉かけ流しです。内湯以外に露天風呂もあり、入浴しながら渓谷の景色が眺められます。癒されま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/03 11:29
だるま湯
だるま湯  昨日は、「生石ガ峰」に登りましたが、帰りに「だるま湯」に寄ってみました。ここの泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉で、療養温泉となっていて関節、皮膚などにいろいろ効用があるそうです。3年前から乾燥肌になりやすく今年も結構かゆくなりましたが、何回か来ると治るかもしれませんね。内湯以外に、露天風呂もあり、そばを流れる川の風景が素晴らしく、桜は散っていましたが、時期を合わせると癒しにいいかと思います。入湯料は、800円です。  今日は日曜日という事もあって、何人かの人が入浴されてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/13 10:52
やどり温泉 〜いやしの湯〜
やどり温泉 〜いやしの湯〜  楊柳山登山後、寄った温泉は、371号線沿いにある「やどり温泉 いやしの湯」です。高野山に来る時は、この道は狭いと書いてあったので、480号線で来ましたが、実際走ってみると、狭い部分は結構ありますが、対向車も殆ど走っていないので意外と走りやすかったです。  行ってみると何台かの車は停まっていましたが、温泉に入っている人は誰もいませんでした。貸切状態でラッキー。泉質は、ナトリウム−塩化物泉で、皮膚を触ってみるとすべすべ感があって、温泉って感じです。桧の内湯と露天風呂というより外湯がありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/29 10:28

トップへ | みんなの「和歌山」ブログ

旅は道連れ 和歌山のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる